トップページ > 補助金の廃車対象とならない下取り
補助金の廃車対象とならない下取り

エコカーの補助金申請を行えるのは、自動車を廃車にせずに、条件を満たしたエコカーを新しく購入するか、もしくは新規登録から13年経過した自動車を廃車にして、条件を満たすエコカーを購入する場合が補助金支給の対象となっています。

廃車にする場合は、平成21年4月10日から平成22年3月31日までに廃車引き取り業者が自動車リサイクル法に基づいて、「使用済自動車」として処理することが必要です。また、廃車を行う前に、過去1年間所有者が使用していたことも条件です。

しかし、自動車を下取りにした場合は廃車とみなされませんので、「廃車をして補助金を得る」ということにはならず、補助金申請の対象外となります。

その理由は、公害の原因となっている従来からの自動車を下取りに出してしまうと、その自動車を廃車にしない限り再度市場に戻ってくる可能性があり、低公害自動車にとって代わることが難しくなるためです。

この度の補助金の主な目的は、環境問題に一役買い、地球に優しい自動車をできるだけ多くの人に利用してもらい、地球の環境改善を図るのが主な目的とされています。

エコカーに関する制度を利用するということは、環境に貢献することにつながります。とはいえ、自動車購入にあたっては、決して安い買い物ではないため、しっかり情報を集め、効率的に減税や補助金制度を利用して、賢く購入を検討しましょう。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved