トップページ > エコカー補助金とは?
エコカー補助金とは?

2009年6月より、新車買い替えへの補助金制度が始まりました。低公害自動車として認定されたエコカー(ハイブリット車、電気自動車、クリーンディーゼルなど)へ買い替えを行う場合、あるいは、現在所有している自動車を廃車にして、エコカーを購入した場合に補助金が受けられる制度です。

対象者は、地方公共団体や法人、個人事業者および個人です。また、減税と補助金を合わせて受けられます。

ただし、エコカー補助金制度を受けるには、以下の条件を満たしていなければなりません。

まず、新規登録から13年以上たった自動車を平成22年燃費基準達成車(認定を受けた車は車体にステッカーが貼られている)へ買い替え、さらに、いままで所有していた自動車を廃車する。この場合、普通車では25万円、軽自動車でも、12.5万円の補助金が支給されます。尚、トラックやバスも対象となりますが、小型で40万円、中型が80万円、大型では180万円となります。

また、いままで所有している自動車を廃車にせずに、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」さらに「平成22年度燃費基準+15%以上」となっている自動車を購入した場合、普通車で10万円、軽自動車で5万円の補助金がでます。

尚、ハイブリットカーや電気自動車、およびクリーンディーゼル自動車(現在のところ、日産エクストレイル20GTのみ)、さらにバスやトラックの低公害車、あるいは自治体エコカーに関する補助金制度など、それぞれ申請などの詳細が異なってきますので、購入時にディーラーなどの業者にしっかり確認することをお勧めします。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved