トップページ > 自動車税のグリーン化とは
自動車税のグリーン化とは

何年も以前から「地球の環境改善」が協議されてきましたが、最近になって自動車の環境改善が世界でも急速に進められています。日本でもその一環として、エコカーの普及を目的として、排出ガスや燃費性能に優れたエコカーに対する自動車取得税や自動車重量税の減税や補助金制度が2009年4月から期間限定で始められました。

エコカー減税、補助金の制度をスタートすることにより、エコカーをより多くの人に利用してもらい、環境改善に努めていることが、「自動車税のグリーン化」と呼ばれている所以です。

従来の自動車では、多量の排出ガスが環境汚染を及ぼすことで、環境改善がうまく望めませんでしたが、より多くの人がエコカーを利用することで、空気汚染の問題もある程度解決する助けとなる、いわゆるグリーン化が期待されています。

自動車取得税や重量税、あるいは補助金などの理由から、エコカーへの買い替えを考えている人も多く、事実、低公害の環境対応車の需要がどんどん伸びてきています。同時に経済促進にも繋がるという期待も予測され、今注目を浴びてます。

環境にやさしいエコカーは、自動車会社各社で様々なタイプが展開されていますが、どの車種が環境対応車なのかは、各自動車メーカーのサイトなどからラインナップを確認することができます。実際、自動車会社のサイトに見ると、このグリーン化にちなんでかなりのエコカーが出回っているようです。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved