トップページ > エコカー減税の内容
エコカー減税の内容

2009年4月から、自動車税、自動車取得税、自動車重量税の内容が変わりました。世界的に環境問題が討議される中、わが国も自動車のグリーン化をめざし、低燃費で且つ排出ガスの少ない低公害自動車の利用を促進しています。

減税対象となるものは、自動車の取得に対して都道府県が課す「自動車取得税」と、新車を購入したり車検を行う時にかかる「自動車重量税」です。

エコカー減税の対象車は、電気自動車、ハイブリットカー、クリーンディーゼル、天然ガス車などの低公害自動車となります。自動車によっては、減税どころか全額免除になるものもありますが、全額免除とまでいかなくても、国土交通省のある条件を満たしていれば、50%~75%といった大幅な減税が期待できます。

また、基準値を満たした自動車は、それぞれ「○○達成車」というステッカーが貼られていますので、それを参考に購入されるのも良いでしょう。

さらに、減税ばかりでなく、基準を通過した車を購入すると、最大で25万円の補助金が支給されます。

エコカー減税の制度は、重量税は2012年4月30日まで、取得税は2012年3月31日までの期間限定となっています。いずれにしても、減税と補助金を合わせると新しい自動車に買い替える場合、これらの額を差し引いて考えてみると、かなりお得に新車が買えることになりますから、自動車の購入を考えているのでしたら今がチャンスです。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved