トップページ > スバルのエコカー減税・補助金対象車
スバルのエコカー減税・補助金対象車

2009年4月からスタートしたエコカーに関する減税や補助金制度に対して、スバルもそれに該当する環境対応車を取り揃えています。

対象となる自動車は、登録車では4車種で、エクシーガ、フォレスター、インプレッサ、インプレッサ・アネシス、レガシィ。また、軽自動車では3車種で、ステラ、R1、 R2となっています。

それぞれ、減税率が75%や50%減税の対象になる自動車があります。
エコカー減税の対象車は、他社に比べると決して多くありませんが、燃費性能が高いという定評があり、それが根強い人気を支えています。

また、最近では、クリーンディーゼルの開発に力を入れ、レガシィやアウトバックにも取り入れ、欧州の一般市場にも参入しはじめました。クリーンな仕様の次世代自動車のひとつとして、これから大いに期待されています。

これらのエコカーのうち、今一番の売れ筋とされるのが「レガシィツーリングワゴン」です。室内の収納スペースやシート調整が細かい選択ができることや、走行性能に優れた上、なんといっても燃費がいいことです。たっぷりした空間の室内に、たくさんの荷物も積めることで、家族旅行にも、あるいはスポーツを楽しむ方たちにもぴったりです。

エコカー減税50%で、さらに新車購入にあたり廃車を伴っていれば25万円、廃車を伴わない場合でも10万円の補助金として申請できます。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved