トップページ > エコカー減税の対象は?
エコカー減税の対象は?

エコカー減税の対象となる自動車は、まず国土交通省で定められた排出ガスと燃費が基準値に達している車です。

それぞれこの認可を通過した自動車にはステッカーが貼られていますが、そのステッカーの種類によっても、減税の条件が変わってきます。減税率は、100%、75%、50%の3段階に分かれています。

例えば、ホンダインサイト、トヨタプリウス等のような次世代自動車、いわゆる、ハイブリットカー、電気自動車などは100%免税となります。また、「平成17年排出ガス基準」と「平成22年度燃費基準+25%達成車」の表示の自動車、ホンダオデッセイ、スズキワゴンR等は75%の減税。

また、「平成17年排出ガス基準」および「平成22年燃費基準+20%、15%達成車」の表示自動車、日産マーチ、マツダビアンテ等などは、50%減税となります。

また、新車エコカーの他、中古車のエコカーも対象となります。中古でも、電気自動車、天然ガス自動車、ハイブリット車、クリーンディーゼル自動車は減税対象になりますが、条件として、初年度登録が平成15年度10月以降の中古車のみとなります。新車と中古車の減税率はやはり異なりますが、中古車でも満足のいく減税が期待できます。

減税は期間限定で、重量税は2012年4月30日まで、取得税は2012年3月31日までが対象となっています。この期間内に最初の車検を受けると、重量税が免税されます。

確実に対象となる車を見つけるには、ディーラーなどに相談するか、あるいはインターネットからも詳しい情報が得られます。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved