トップページ > エコカー減税とは?
エコカー減税とは?

2009年4月1日よりスタートしたエコカー減税とは、一定基準を満たした低公害の自動車(エコカー)を購入した場合、減税となる制度です。これは地球温暖化対策の一環として行われるのと同時に経済効果も同時に期待されています。

エコカー減税の対象となる自動車は、電気自動車、ハイブリットカー、クリーンディーゼル、天然ガス車など、国土交通省で定めた排出ガスおよび燃費が基準に達している自動車です。

減税の内容ですが、自動車所有の際にかかる自動車重量税、自動車取得税がこの制度の対象となっています。エコカーを購入するということは、それだけ環境に貢献するということで、これらの税金にかかる金額がセーブできる特権に預かれるのが、エコカー減税ということになります。

認定を受けたエコカーであれば、自動車重量税と自動車取得税が50%~75%までカットされたり、さらにハイブリット車に関しては、自動車重量税と自動車取得税が全額免除されるというのですから、ちょっと見逃せません。

エコカー減税を見込んで、新車の購入をしようか迷っている方も多いかもしれませんが、年数がたっていくうちに、減税された額を振り返ってみると、かなりセーブできることになりますので、購入分の金額がある程度カバーができるのではないでしょうか?

エコカー減税は、今のところ自動車取得税が2012年3月31日まで、自動車重量税が2012年4月30日までと期間限定となっており、予算も限られていますので、新車プランはお早めにされることをお勧めします。ただ、この制度が延長になる可能性もあるようです。

Copyright (C) エコカー減税の対象車は?減税と補助金ガイド. All rights reserved